コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

至心 ししん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

至心
ししん

仏教用語。浄土教で説かれる三心の一つ。阿弥陀仏を心の底から信頼し,帰依し尊重すること。浄土真宗では,阿弥陀仏を信じる心は実は阿弥陀仏から与えられたものであるから,それを仏のはからいであるとする。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

し‐しん【至心】

まことの心。至誠の心。まごころ。「至心をもって仏に仕える」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ししん【至心】

この上ない誠の心。まごころ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

至心の関連キーワード剣舞(けんぶ)徳川家治六時礼讃お幸の方第十八願受戒帰命三信十念来迎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

至心の関連情報