コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

第5回アフリカ開発会議 だいごかいあふりかかいはつかいぎ

1件 の用語解説(第5回アフリカ開発会議の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

第5回アフリカ開発会議

2013年6月1~3日に横浜市で開催されたアフリカ開発促進のための国際会議。正式名称はTokyo International Conference on African Developmentで、略称はTICAD。1993年以来、日本政府が国連、世界銀行などとの共催で5年ごとに開催してきており、今回が5回目(TICAD Ⅴ)。TICAD Ⅴの参加国は、アフリカ54カ国のうち51カ国。政情が不安定ギニアビサウ中央アフリカモザンビーク不参加だったが、2011年に誕生した南スーダン、12年に長年の無政府状態から脱したソマリアが初めて参加した。
今回20周年の節目に当たるTICAD Ⅴは、開催前から、アフリカの目覚ましい経済成長を背景に、資源開発・貿易・投資先としてのアフリカに注目が集まっていた。会議期間中、日本政府は従来の官主導の援助だけでなく、民間企業の進出・投資を促すことを表明。アフリカに対し、今後5年間で3.2兆円(内1.4兆円が政府の途上国援助)の支援を約束している。インフラ整備・人材育成・技術支援・多角的な産業の育成などで、貧困・飢餓やテロを減らし、アフリカに平和と安定をもたらすことが狙い。
最終日に採択された「横浜宣言2013」も、ハード・知的・人的インフラの強化に焦点が当てられ、高等教育の推進による科学技術の能力向上、農業生産性の向上による食料の安定確保、民間セクターの支援による多角的な産業育成など、「日本の新しい投資先」「世界成長の原動力」としてのアフリカの発展を促す行動計画が掲げられている。なお開催地について、これまで東京と横浜だったが、アフリカ諸国の強い要望に応え、日本とアフリカで順番に開催する「ローテーション」の原則も盛り込まれている。

(大迫秀樹  フリー編集者 / 2013年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

第5回アフリカ開発会議の関連キーワードアメリカ博覧会宇宙科学博覧会開国博Y150四国大博覧会SUNPU博'89世界・食の祭典花・人・土佐であい博花フェスタ2005ぎふ横浜博覧会三月街祭り

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

第5回アフリカ開発会議の関連情報