コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹子トンネル ささごトンネル

4件 の用語解説(笹子トンネルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

笹子トンネル
ささごトンネル

山梨県東部,笹子峠の北東を通る JR中央本線トンネル。新旧2本あり,旧トンネルは 1902年に開通し,全長 4656m,下り線に使用されている。上り線の新トンネルは 1966年開通,全長 4670m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

笹子トンネル

片方向2車線で、上下線で分かれ、全長は上りが4784メートル、下りが4717メートル。1日あたりの平均の交通量は上下合わせて約4万6千台。休日は長い渋滞が起きることがある。高低差は約50メートルで、直線部分が多い。トンネル内の制限速度は70キロ。

(2012-12-03 朝日新聞 朝刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

笹子トンネル【ささごトンネル】

笹子峠の東側にある中央本線笹子〜甲斐大和間のトンネル。1896年着工,1903年完成。長さ4656mで,現在は下り線に使用。1931年清水トンネルの開通まで日本最長であった。
→関連項目大月[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

笹子トンネル
ささごとんねる

山梨県中央部、中央本線笹子―甲斐大和(かいやまと)間の長さ4656メートルの単線鉄道トンネル。1896年(明治29)着工、1903年開通。笹子峠下を貫き、中央本線建設時の最大難所であった。明治初期に掘進された逢坂(おうさか)山トンネル、柳ヶ瀬(やながせ)トンネルの施工技術が生かされたが、地質堅硬のため削岩に苦労した。自家発電設備を設け、カンテラ照明にかえて電灯照明が行われ、ダンプカー、電気機関車が使用された。明治年代に建設された代表的鉄道トンネルである。現在下り線に使用している。[藤井 浩]

新笹子トンネル

中央本線笹子―甲斐大和間の長さ4670メートルの単線鉄道トンネル。1963年(昭和38)着工、1965年開通。中央本線複線工事にあたり、笹子トンネルの北側に25メートル離れて新設された。トンネルの地質は砂岩、粘板岩で、全断面掘削工法により施工した。明治年代に建設された笹子トンネルは、5年11か月の工期を要したが、新笹子トンネルは1年3か月で貫通した。現在上り線に使用している。[藤井 浩]

国道20号および中央自動車道

国道20号と中央自動車道にも同名のトンネルがあり、国道20号の新笹子トンネルは2953メートルで1958年開通(なお旧甲州街道にある笹子トンネルは約250メートル、1938年開通)。中央自動車道の笹子トンネルは上り4784メートル、下り4717メートルで、ともに1977年に開通した。[藤井 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の笹子トンネルの言及

【笹子峠】より

…また,山梨県は峠を境に東の郡内地方,西の国中地方(甲府盆地)に分かれている。1903年に中央本線の笹子トンネルが開通し,昭和初めには笹子峠の南約6kmにある御坂峠を経由する道路が整備され,笹子峠は交通の要路からはずれた。1958年笹子有料トンネル(1971無料開放)が開通し,77年には中央自動車道の笹子トンネルが開通したため,峠越えの道路は現在ではほとんど使われない。…

【トンネル】より

…以来,国内の鉄道建設の伸長につれて,地形の険しい日本では多数のトンネルが必要となり,また火山性などの複雑かつ困難な地質条件を克服する必要から,トンネル技術の進歩が大いに促進され,日本を有数のトンネル技術国たらしめることとなった。明治,大正,昭和の前半にかけては,笹子トンネル(1896‐1902年,延長4.6km),清水トンネル(1922‐31年,延長9.7km),丹那トンネル(1918‐34,延長7.8km),関門トンネルなどが代表的なものとされる。第2次世界大戦後は,在来鉄道の複線化やこう配改良,新線建設などにより,北陸トンネル(1957‐61年,延長13.9km)や新清水トンネル(1963‐67年,延長13.5km)などが生まれ,また新幹線の建設は一挙に多くの長大トンネルを生み出すこととなり,1981年には世界最長の大(だい)清水トンネル(延長22.2km)が完成している。…

※「笹子トンネル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

笹子トンネルの関連キーワードシンプレックス直径分岐点登坂車線片方向通信片方向認証高速車線避譲車線分れ道バーチャート

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

笹子トンネルの関連情報