コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

笹島喜平 ささじま きへい

1件 の用語解説(笹島喜平の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

笹島喜平 ささじま-きへい

1906-1993 昭和-平成時代の版画家。
明治39年4月22日生まれ。平塚運一,棟方志功(むなかた-しこう)にまなぶ。昭和15年国画会展に初入選。27年日本板画院創立に参加する。33年ごろ拓摺(たくず)りをはじめ,古都や仏像をモチーフとしたモノクロームの木版画を制作した。平成5年5月31日死去。87歳。栃木県出身。青山師範(現東京学芸大)卒。作品に「不動明王」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

笹島喜平の関連キーワード怪獣児童雑誌読書指導世界遺産コン リー日活(株)スズキ ワゴンRりんたろうパニック!アブハジア紛争うわさ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone