コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆印 フデイン

デジタル大辞泉の解説

ふで‐いん【筆印】

花押(かおう)の代わりに、筆の軸に墨をつけて押した印。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ふでいん【筆印】

筆軸印(ふでじくいん)ともいう。毛筆の軸(竹製)の頭に墨をつけて(朱肉の使用例はない)文書に証印としておしたもの。サイン(自署),花押(かおう)に代用する庶民階級の署名方法には略押(りやくおう)があるが,そのほかには画指(かくし),拇印(ぼいん),手印(ていん)などが行われて,文盲の人,または幼少の人の署名代用とされた。筆印もその一種。筆軸そのままの丸印が普通であるが,中には筆軸の丸印に加筆して花押様に意匠を加えたものもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ふでいん【筆印】

花押かおうのかわりに、筆の軸頭に墨をつけて押した印。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の筆印の言及

【印章】より

…《御成敗式目》には〈謀書罪科事〉の条に武士の所領没収に対して,庶民の刑罰は〈火印を面(おもて)におす〉と規定している。このほか花押の場合に庶民が略押をおしたように,筆印(ふでいん)と称して筆軸に墨をつけて文書におす略式押印も行われた。これは鎌倉時代中期以降に例証がみられる。…

【略押】より

…なお,花押と略押を区別する基準は必ずしも明確ではなく,漢字を極端に草体化したものや,その変形を略押に含める見方もある。 花押の代用には,略押のほかに画指(かくし),拇印(ぼいん),つめ印,筆軸印(筆印)がある。画指は令制(戸令七出条)に由来して歴史は古いが,その使用例は少なく,また13世紀中ごろ以後は使用例が見られず,拇印も古代・中世には使用例が少なく,つめ印が盛行するのは近世に入ってからで,中世を通じて広く用いられたのは,略押と筆軸印であった。…

※「筆印」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

筆印の関連キーワード年賀状作成ソフト

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

筆印の関連情報