略押(読み)りゃくおう

精選版 日本国語大辞典「略押」の解説

りゃく‐おう ‥アフ【略押】

花押(かおう)の簡略なもの。無筆が、花押のつもりで、丸印や×のような簡単な印を描いて、判したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「略押」の解説

りゃくおう【略押】

花押(かおう)の代りに用いられた簡略な記号,符号。略花押ともいい,古文書学上の名辞。花押を署記するだけの執筆能力のないもの,花押をもたない女性,未成年者などの間に用いられた。12世紀前半の大治保延(1126‐41)ごろから現れ,中世を通じて,起請文(きしようもん),土地売券(ばいけん)などに多く用いられて17世紀に及んだが,印章(印判)使用の風が16世紀後半から広く庶民の間に広がり,江戸時代に入って,百姓町人が公式の届書に印章を押捺するようになると,17世紀中ごろ(寛永期)をとして,庶民の花押使用が激減し,それにともなって略押の使用例も急速に減少し,やがて消滅する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android