コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

等流 トウル

デジタル大辞泉の解説

とう‐る【等流】

仏語。原因から結果が流出するとき、その結果が原因と相似していること。のちに現れ出た同類のもの。「等流果」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

等流
とうりゅう
uniform flow

水路の各断面の水深が等しい流れ。等流は、流れを生ずる力である重力の流れ方向の成分と、流れに対する抵抗力(摩擦力)がつり合う流れで、断面形状、水路勾配(こうばい)および粗度が変化しない人工水路においてみられる。水路の各断面の水深が等しくない流れは不等流という。川 登]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

等流の関連キーワード許可漁業接地層水路5S仏語仏土

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android