コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筋緊張性(強直性)ジストロフィー きんきんちょうきょうちょくせいじすとろふぃー Myotonic Dystrophy

1件 の用語解説(筋緊張性(強直性)ジストロフィーの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

きんきんちょうきょうちょくせいじすとろふぃー【筋緊張性(強直性)ジストロフィー Myotonic Dystrophy】

[どんな病気か]
 ほかの筋ジストロフィーとは異なり、正常な遺伝子に比べて、3つの核酸(かくさん)のくり返しが多くなっている異常によっておこります。この遺伝子の異常が、19番染色体にあることが、最近明らかになりました。
 常染色体優性遺伝(じょうせんしょくたいゆうせいいでん)型で、患者さんの家系を調べると、両親の片方や兄弟姉妹のなかに、同じ病気の人が複数見つかります。
 3つの核酸がくり返す疾患は、親よりも子どものほうでくり返し数が増加するため、世代交代をするにしたがって、若くして発症し、しかも重症化します。
 ふつう、30歳くらいで発症しますが、まれに、生まれたときから発症している先天型(「先天性筋緊張性ジストロフィー」)もあります。
[症状]
 運動をしたあとに、即座に筋肉を弛緩(しかん)する(ゆるめる)ことのできない状態をミオトニーといいます。たとえば、物を握ってからはなそうとしても、すぐには手が開きません。
 このミオトニーと筋萎縮(きんいしゅく)(筋肉がやせる)、筋力の低下(手足に力が入らず、だらんとする弛緩性まひ)がおこります。このほかに、糖尿病や性腺の萎縮などがみられます。
 呼吸不全がおこることが多いのですが、進行は緩やかで、人工呼吸器が必要になることは少ないものです。
 不整脈(ふせいみゃく)がおこることも多く、こちらは心臓ペースメーカーが必要になることが少なくありません。
 先天型は、呼吸不全をともない、重症で、乳幼児期に死亡することが多いものです。この場合、先天型の赤ちゃんお母さんが、筋緊張性ジストロフィーにかかっていることがほとんどです。
[治療]
 ミオトニーを改善させるために、抗けいれん薬フェニトインや抗不整脈薬の塩酸プロカインアミドが用いられます。
 不整脈がおこってきたら心臓ペースメーカーが必要になることもあります。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

筋緊張性(強直性)ジストロフィーの関連キーワード進行性筋ジストロフィーカタストロフィ筋ジストロフィージストロフィージストロフィン筋萎縮骨ジストロフィー進行性筋萎縮進行性筋ジストロフィー症戸田達史

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone