コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

箱根山椒魚 ハコネサンショウウオ

デジタル大辞泉の解説

はこね‐さんしょううお〔‐サンセウうを〕【箱根山×椒魚】

サンショウウオ科の両生類山地渓流にすみ、全長12~19センチ。尾が長く、目は突出している。背面暗褐色で、中央に幅広い朱色の縦帯が走るが、変異が多い。肺を欠き、皮膚呼吸をする。5、6月ごろ産卵。四国と本州分布

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はこねさんしょううお【箱根山椒魚】

サンショウウオの一種。全長約15センチメートル。体形はイモリに似る。体の背面は赤褐色で中央線に沿って一条の橙色帯が走る。腹面は紫褐色。四国・近畿から東北地方にかけての山間部の渓流に見られる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

箱根山椒魚 (ハコネサンショウウオ)

学名:Onychodactylus japonicus
動物。サンショウウオ科のサンショウウオの一種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

箱根山椒魚の関連キーワード東北地方中央線赤褐色イモリ腹面体形

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android