コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

節黒 フシグロ

大辞林 第三版の解説

ふしぐろ【節黒】

矢柄やがらの節の下を、黒く漆で塗ること。また、その矢。 「 -なる大胡録おおやなぐいを負ひて/今昔 19
ナデシコ科の越年草。山地や原野に生える。葉は対生。茎に暗紫色の節がある。7~9月、葉腋に白色の小花をやや輪生状につけ、萼は鐘形。薩摩人参。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

節黒の関連キーワード薩摩人参視床下核淡蒼球箕冠城今昔鐘形葉腋原野

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android