コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

範憲 はんけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

範憲 はんけん

1247-1340* 鎌倉-南北朝時代の僧。
宝治(ほうじ)元年生まれ。法相(ほっそう)宗。興福寺法印大僧都尊憲の子。参議藤原宗雅の猶子正安(しょうあん)元年興福寺別当となり,三蔵院をひらく。以後,同別当を4回つとめた。この間,乾元(けんげん)2年に僧正,徳治(とくじ)2年に大僧正となった。暦応(りゃくおう)2=延元4年12月17日死去。93歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

範憲の関連キーワード南北朝時代宝治