範憲(読み)はんけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

範憲 はんけん

1247-1340* 鎌倉-南北朝時代の僧。
宝治(ほうじ)元年生まれ。法相(ほっそう)宗。興福寺法印大僧都尊憲の子。参議藤原宗雅の猶子正安(しょうあん)元年興福寺別当となり,三蔵院をひらく。以後,同別当を4回つとめた。この間,乾元(けんげん)2年に僧正,徳治(とくじ)2年に大僧正となった。暦応(りゃくおう)2=延元4年12月17日死去。93歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android