コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

米子城 よなごじょう

1件 の用語解説(米子城の意味・用語解説を検索)

日本の城がわかる事典の解説

よなごじょう【米子城】

鳥取県米子市久米町にあった平山城(ひらやまじろ)。安土桃山時代に西伯耆(鳥取県)支配のための支城として吉川(きっかわ)家が築城。国指定史跡。築城年代は明らかではないが、戦国末期以降の中世の砦から始まるといわれる。米子城を近世城郭にしたのは西伯耆・東出雲(島根県)・隠岐を領した吉川広家(ひろいえ)で、西伯耆支配の拠点支城として1591年(天正19)に築城を開始した。完成をみないまま1600年(慶長5)関ヶ原の戦いの後、広家は岩国に移封された。伯耆17万石余の領主として中村一忠(かずただ)が入城し、広家の築城工事を受け継いだ。完成した米子城は五重の天守閣と四重の小天守をもつ豪壮な規模のものであった。1609年(慶長14)、一忠は20歳で病没し中村家は断絶した。中村氏のあとは加藤貞泰(さだやす)、池田由成(よしなり)と交代し、1632年(寛永9)以降は、池田家主席家老の荒尾成利(あらおなりとし)が1万5000石で領し、明治維新まで代々荒尾家が在城した。明治初期に城は解体され、本丸・二の丸などの石垣が残っている。現在城郭の一部が湊山公園となっている。JR山陰本線米子駅からバス、医大前または久米町下車。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の米子城の言及

【伯耆国】より

…なお南北朝・室町期の伯耆では,羽衣石南条氏や守護山名氏などの保護を得て,禅宗寺院が大きな勢力を振るったことが注目される。【井上 寛司】
【近世】
 1600年(慶長5)関ヶ原の戦の結果,いずれも西軍方であった河村・久米・八橋3郡の支配者,羽衣石城主南条元続は改易に,汗入・会見・日野3郡の支配者,米子城主吉川広家は周防国への転封に処せられた。そのあと伯耆国6郡18万石を領有する中村忠一が米子城主として入封,重臣横田村詮(内膳正)の補佐によって,城郭・城下町の整備を行ったが,09年忠一の病死後改易された。…

※「米子城」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

米子城の関連キーワード琴平山平山城久米寺大山トム・ソーヤ牧場米子しんまち天満屋米子タカシマヤ長尾寛治平山行蔵平山兵原豅含雄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

米子城の関連情報