コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東城 とうじょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東城
とうじょう

広島県北東部,庄原市東部の旧町域。高梁川の支流東城川の上流域にある。 1898年町制。 1955年小奴可村,八幡村,田森村,久代村,帝釈村の5村および新坂村の一部と合体。 2005年庄原市,総領町,西城町,口和町,高野町,比和町の1市5町と合体して庄原市となった。中心集落の東城は西方の西城とともに中世の防御地で,たたら製鉄用の砂鉄の集散地であった。主産業は農業で,米作,ウシの飼育,石灰石の採取が行なわれる。南の神石高原町との境にある帝釈峡 (名勝) は,観光と多くの遺跡で知られ,国指定天然記念物の雄橋 (おんばし) や寄倉岩陰遺跡 (史跡) がある。北部の道後山一帯とともに比婆道後帝釈国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東城
とうじょう

広島県北東部、比婆(ひば)郡にあった旧町名(東城町(ちょう))。現在は庄原(しょうばら)市の東部を占める地域。鳥取、岡山両県に境を接する。中国脊梁(せきりょう)山地に位置し、高梁(たかはし)川の支流東城川の流域を占める。旧東城町は1898年(明治31)町制施行。1955年(昭和30)小奴可(おぬか)、八幡(やはた)、田森(たもり)、久代(くしろ)、帝釈(たいしゃく)の5村と合併。2005年(平成17)庄原市に合併。JR芸備(げいび)線、国道182号、314号、中国自動車道が通じ、東城インターチェンジがある。東城川などは古来砂鉄の産地として知られた。産業は農林業が主で、養鶏が盛ん、観光リンゴ園がある。そのほか、石灰岩の採掘も行われる。また、東城工業団地が造成されるなど、工業の振興にも努めている。旧町域南部を流れる帝釈川には国指定名勝帝釈峡があり、北部の道後(どうご)山などとともに比婆道後帝釈国定公園に指定されている。帝釈峡馬渡(まわたり)遺跡(県史跡)、寄倉(よせくら)岩陰遺跡(国史跡)などの遺跡群や、「比婆の荒神神楽(かぐら)」(国指定重要無形民俗文化財)、「大山(だいせん)供養田植」(国指定重要無形民俗文化財)などの芸能も多く伝えられている。[北川建次]
『『東城町史』全7冊(1991~1999・東城町)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

東城の関連キーワード広島県庄原市東城町川東塩原の大山供養田植帝釈峡遺跡群比婆荒神神楽武寧王(1)横山 勝太郎羽賀 盛之口和[町]燕下都遺跡厳島の本地東城さつき東庄[町]牧野 清人小山 寛蔵神石[町]油木[町]総領[町]Wモアモア東城[町]高辻豊長

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東城の関連情報