コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

須坂市 すざか

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

須坂〔市〕
すざか

長野県北東部,長野盆地東部を占める市。 1954年須坂町,日野村,豊洲村が合体して市制。 55年井上村と高甫村を,71年東村を編入。中心市街地の須坂は百々 (とど) 川の扇状地にあり,長野から県境の鳥居峠を経て群馬県に出る大笹街道谷口集落として発達。明治末期からは製糸業の一中心となったが,第2次世界大戦後は電気機械工業の町に転換した。周辺の扇状地はリンゴブドウ,モモなどの果樹栽培が行われる万座温泉白根山,菅平などの玄関口にあたる。南東に四阿山があり,市域の一部は上信越高原国立公園に属する。面積 149.67km2。人口 5万725(2015)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

すざか‐し【須坂市】

須坂

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

須坂市の関連情報