コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粒粒辛苦 リュウリュウシンク

デジタル大辞泉の解説

りゅうりゅう‐しんく〔リフリフ‐〕【粒粒辛苦】

[名](スル)穀物の一粒一粒は農民の辛苦の結晶であるということ。米を作る農民の苦労をいう。転じて、物事を成し遂げるために、こつこつと苦労を重ね、努力を積むこと。「粒粒辛苦したすえに学者となる」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

りゅうりゅうしんく【粒粒辛苦】

( 名 ) スル
〔李紳「憫農」〕
米の一粒一粒が農民の苦労の結晶であること。転じて、こつこつと地道な努力を重ねること。 「 -して築いた富」 「三四年間-の所得なるを/金時計 鏡花

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

粒粒辛苦の関連キーワード隆・柳・流・溜・留・硫・立・竜・粒・隆・龍金時計農民谷櫻

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

粒粒辛苦の関連情報