粒粒辛苦(読み)りゅうりゅうしんく

四字熟語を知る辞典「粒粒辛苦」の解説

粒粒辛苦

こつこつと苦労努力を積み重ねること。

[活用] ―する。

[使用例] 永い間かかって築きあげた家屋が一瞬にしてこぼたれ、辛苦のたまものである田園は再び荒野原と化していた[武田泰淳流砂|1952]

[使用例] 、ド、のどん底から粒々辛苦、お尻のがはじけそうなくらい働いて働いて働きまくり[開高健*大震災来たりなば|1979]

[解説] 元来は、穀物の一粒一粒が辛苦の結晶であるということから、米を作る農民の苦労をいった語。「辛苦」は辛く苦しいこと、骨折り

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「粒粒辛苦」の解説

りゅうりゅう‐しんく リフリフ‥【粒粒辛苦】

〘名〙 一粒一粒が辛苦の結晶であるということ。米を作る農民の苦労をいう。転じて、こつこつと苦労を積むこと。物事を成就するためにじみな努力を続けること。
※仮名草子・智恵鑑(1660)七「耕作する百姓の粒々辛苦(リウリウシンク)より出たる米にて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「粒粒辛苦」の解説

りゅうりゅう‐しんく〔リフリフ‐〕【粒粒辛苦】

[名](スル)穀物の一粒一粒は農民の辛苦の結晶であるということ。米を作る農民の苦労をいう。転じて、物事を成し遂げるために、こつこつと苦労を重ね、努力を積むこと。「粒粒辛苦したすえに学者となる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android