コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重ね/襲 カサネ

デジタル大辞泉の解説

かさね【重ね/襲】

[名]
重ねること。また、重ねたもの。
衣服を重ねて着ること。また、その衣服。重ね着。
(襲)平安時代、袍(ほう)の下に重ねて着た衣服。下襲(したがさね)。
(襲)襲(かさね)の色目。「紅梅―」
[接尾]助数詞。数を表す和語に付いて、重なっているもの、重ねてあるものを数えるのに用いる。「重箱ひと―」「ひと―の座布団

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

重ね

石目の一つで,水平節理(flat-lying joint)に対応する.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

世界大百科事典内の重ね/襲の言及

【日本刀】より

…その一例としての〈玉鋼による捲鍛法〉を紹介すれば,それは皮金つくり,心金つくり,造刀の3段階からなる。(1)皮金つくり 小塊の玉鋼を炉に投じ打ち平めて小片とし,それを積み重ねて炉に入れ軽く槌で打って1枚とする。その板を打ち延ばし鏨目(たがねめ)を入れて折り返し,これを縦横に交互に22,23回繰り返す(この折返しのさいの鉄の合せ目が刀の地肌となって現れる)。…

※「重ね/襲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

重ね/襲の関連キーワード重ね合わせの法則(電気)スーパーレイヤードdisk packリーフスプリングラミネートカードレイヤードルックラップジョイント踏んだり蹴ったりランニングオン立志伝中の人公卿衝重ね五重の御衣重ね違い棚重ね模様ベニヤ板重ね箪笥木皮葺き糸瓜草履三枚重ね踊り言葉

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android