粗切り(読み)アラギリ

デジタル大辞泉 「粗切り」の意味・読み・例文・類語

あら‐ぎり【粗切り/荒切り】

粗く大ざっぱに切ること。また、切ったもの。
戦陣で、先頭兵士が敵を切りたてながら進むこと。
「いでいで武蔵―せん、跡をばこなせ若武者ども」〈幸若高館
粗く刻んだタバコ。特に、安永(1772~1781)ごろにはやった国分こくぶタバコ五分切りにした上等品。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「粗切り」の意味・読み・例文・類語

あら‐ぎり【粗切・荒切】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( ━する ) 粗く切ること。大ざっぱに大ぶりに切ること。また、そのもの。〔日葡辞書(1603‐04)〕
  3. ( ━する ) ( 比喩的に ) 戦陣で、最初敵陣にとびこんで突進して行くこと。
    1. [初出の実例]「いでいでむさしあらきりせむ。跡をばこなせ若武者共」(出典:幸若・高たち(室町末‐近世初))
  4. 江戸時代、小判や分金、分銀などの製作段階で、規定の幅に鋳造された地金を適当の長さに切断すること。
  5. 粗く刻んだタバコ。特に、国分煙草などを五分切りにした上等品。
    1. [初出の実例]「あら切は一と夜さ切(ぎり)はれに買」(出典:雑俳・柳多留‐二(1767))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

五節舞

日本の上代芸能の一つ。宮廷で舞われる女舞。大歌 (おおうた) の一つの五節歌曲を伴奏に舞われる。天武天皇が神女の歌舞をみて作ったと伝えられるが,元来は農耕に関係する田舞に発するといわれる。五節の意味は...

五節舞の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android