コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高館 たかだち

4件 の用語解説(高館の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高館
たかだち

室町時代の幸若舞 (こうわかまい) 曲。判官物。文治5 (1189) 年衣川に面した高館での源義経滅亡を記す幸若舞曲の代表作。『義経記』巻8と同材で,武士に愛好された。古浄瑠璃に同名の影響作がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たかだち【高館】

衣川(ころもがわ)の館(たて)の異称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たかだち【高館】

幸若(こうわか)舞の曲名。上演記録の初出は1545年(天文14)(《言継卿記》)。源義経主従が奥州の高館で討手の軍勢を待ちうけながら開いた宴のさなかに,熊野より鈴木三郎が到着する。義経より佐藤兄弟の残したよろいをたまわった鈴木は,たずさえた腹巻の由来を物語り,これを弟の亀井六郎に譲って,翌日の合戦では兄弟ともに奮戦して果てる。弁慶は舞を一番舞って,敵(かたき)の中を斬ってまわるが,やがて痛手を負い,義経と辞世の歌をかわした後,衣川(ころもがわ)のあたりで立往生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たかだち【高館】

岩手県西磐井郡平泉町の衣川の南岸にあったとりで。藤原秀衡が源義経のために構えたという。1189年、藤原泰衡に攻められて、ここで義経が自刃したと伝える。判官館ほうがんだて。衣川のたて。
幸若舞の曲名。室町時代の成立。「吾妻鏡」を原拠として、源義経の最期を描いたもの。
古浄瑠璃の一。幸若の文を五段に分け、終わりに義経と妻子の最期を加えたもの。残存正本中最古のもので、1625年正月の刊記がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

高館の関連キーワード岩井岩室岩・巌・磐岩野岩谷ケイ(珪)岩岩切岩坪岩名

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

高館の関連情報