コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟津温泉 あわづおんせん

5件 の用語解説(粟津温泉の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粟津温泉
あわづおんせん

石川県南西部,小松市の中央部にある温泉。奈良時代に泰澄法師の発見と伝えられ,古くは地元住民の湯治場であった。加賀温泉郷の1つ。泉質は硫酸塩泉。泉温は 40~60℃で,湯量は少い。温泉街は総湯を中心に旅館が並び,曲打ちの「いで湯太鼓」は粟津の名物。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あわづ‐おんせん〔あはづヲンセン〕【粟津温泉】

石川県小松市にある温泉。北陸では最も古く、奈良時代の発見と伝えられる。泉質は硫酸塩泉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あわづおんせん【粟津温泉】

石川県小松市にある温泉。硫酸塩泉。八世紀前半の発見と伝える古い温泉。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕粟津温泉(あわづおんせん)


石川県南部、小松(こまつ)市街の南約8kmにある行楽・保養向きの温泉。加賀(かが)温泉郷の一つ。奈良時代からの古湯で、加賀(かが)市の山中温泉と並べて「脚気(かっけ)山中、瘡(かさ)粟津」と称された。北陸観光の一拠点。芸妓(げいぎ)衆の「おっしょべ踊り」とそれに合わせる「いで湯太鼓」が団体客に人気。近くのゆのくにの森では県内の伝統工芸を実演。その先約2kmの那谷(なた)寺は真言(しんごん)宗の古刹(こさつ)で、サクラツツジ・紅葉の名所。ナトリウム-硫酸塩泉、ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉。泉温60℃。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粟津温泉
あわづおんせん

石川県小松市にある温泉。加賀温泉郷の一つ。北陸最古の温泉で白山(はくさん)を開いた泰澄(たいちょう)の発見という。山に囲まれた閑静な温泉で、唐破風(からはふ)御殿造の玄関や優雅な庭園をもつ懐古調の旅館と、近代的なホテルとが並立する。泉質は硫酸塩泉。8月下旬には「おっしょべまつり」があり、女中お末と下男竹松の恋物語が主題の『おっしょべ節』とその踊り、「おっしょべ太鼓」が有名。JR北陸本線粟津駅からバス10分。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粟津温泉の関連キーワード小松小松島小松飛行場アル・プラザ小松こまつ木場潟ラジオこまつ石川県小松市上小松町石川県小松市石川県小松市松崎町石川県小松市松梨町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

粟津温泉の関連情報