コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟田口善法 あわたぐち ぜんぽう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟田口善法 あわたぐち-ぜんぽう

?-? 室町-戦国時代の茶人。
村田珠光(1423-1502)の弟子。「山上(やまのうえ)宗二記」によれば,京都粟田口にすみ,質素をとうとび,燗鍋(かんなべ)ひとつで食事をし,茶をたてたという。のち豊臣秀吉が伊勢(いせ)の釜師辻越後(つじ-えちご)に善法所蔵の茄子(なす)形の手取釜の写しをつくらせたという。本姓は田中。通称は兵部大輔。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

粟田口善法

生年:生没年不詳
室町後期の侘び茶人。京都粟田口に住んだ。名物道具を所持せず,手取釜ひとつで食事も茶の湯も行ったと伝えられ,侘び茶の創始者村田珠光も「胸ノ奇麗ナル者」と賛美を惜しまなかった。所持する手取釜を豊臣秀吉が召し上げようとしたとき,これを拒んで打ち割ったといわれ,後悔した秀吉は,利休に命じて釜師辻越後に写しを作らせたという。この茄子形の手取釜と秀吉の朱印状が粟田口良恩寺に現存。しかし確実な資料は少なく,侘び茶人の理想像として語り継がれた感が強い。<参考文献>『茶道全集』11巻

(谷端昭夫)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

粟田口善法の関連キーワードマソリーノ・ダ・パニカーレ足利義量足利義持ベネディクツス13世クレメンス8世ベネディクツス14世アビニョン教皇庁ザクセン無痛分娩足利義量

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android