コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粟田口善法 あわたぐち ぜんぽう

2件 の用語解説(粟田口善法の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粟田口善法 あわたぐち-ぜんぽう

?-? 室町-戦国時代の茶人。
村田珠光(1423-1502)の弟子。「山上(やまのうえ)宗二記」によれば,京都粟田口にすみ,質素をとうとび,燗鍋(かんなべ)ひとつで食事をし,茶をたてたという。のち豊臣秀吉が伊勢(いせ)の釜師辻越後(つじ-えちご)に善法所蔵の茄子(なす)形の手取釜の写しをつくらせたという。本姓は田中。通称は兵部大輔。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

粟田口善法

生年:生没年不詳
室町後期の侘び茶人。京都粟田口に住んだ。名物道具を所持せず,手取釜ひとつで食事も茶の湯も行ったと伝えられ,侘び茶の創始者村田珠光も「胸ノ奇麗ナル者」と賛美を惜しまなかった。所持する手取釜を豊臣秀吉が召し上げようとしたとき,これを拒んで打ち割ったといわれ,後悔した秀吉は,利休に命じて釜師辻越後に写しを作らせたという。この茄子形の手取釜と秀吉の朱印状が粟田口良恩寺に現存。しかし確実な資料は少なく,侘び茶人の理想像として語り継がれた感が強い。<参考文献>『茶道全集』11巻

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

粟田口善法の関連キーワード粟田口粟田口国綱侘び茶粟田口国家粟田口国頼侘び数奇粟田口有国岡田久太包綱三文字屋九右衛門

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone