精神一到何事か成らざらん(読み)せいしんいっとうなにごとかならざらん

ことわざを知る辞典の解説

精神一到何事か成らざらん

精神を集中して事に当たれば、どんなことでもできないことはない。

[使用例] がんばりますからなあ、五十代六十代は。昔ながらの「滅私奉公」という気が退かんので、「精神一到何事か成らざらん」と自分に鞭うってがんばってしまう[田辺聖子*女のとおせんぼ|1987]

[解説] 「朱子語類―学二」にあることば。「一到」は行ける所まで行く、出しつくす

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

精神(せいしん)一到(いっとう)何事(なにごと)か成(な)らざらん

《「朱子語類」学二から》精神を集中して事に当たれば、どんなむずかしいことでも成し遂げられないことはない。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せいしん【精神】 一到(いっとう)何事(なにごと)か成(な)らざらん

(「朱子語類‐学二」の「陽気発処、金石亦透、精神一到、何事不成」による) 精神を集中して物事に当たれば、どんなむずかしい事柄でも、できないことはない。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉三「薫りかへりし半切の軸には、精神一到何事不成(セイシンイッタウナニゴトカナラザラン)といふ八字を大書し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android