コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

精神生物学 せいしんせいぶつがく psychobiology

翻訳|psychobiology

1件 の用語解説(精神生物学の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいしんせいぶつがく【精神生物学 psychobiology】

A.マイヤーとその学派によって提唱・発展させられた力動精神医学で,S.フロイトの学説とともにアメリカ精神医学の基礎を形成した。精神障害を,あるパーソナリティ(人格)が社会的におかれた状況に対して起こす病的な反応としてとらえる。精神障害者の人格は,体質や遺伝的な背景の上に,幼児期の親子関係とその後の心理学的,社会的な因子によって,あるひずみをもって形成されるものと考えられ,特定の状況におかれて特定の反応型をとったものが精神疾患とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

精神生物学の関連キーワード主観価値説効用価値説マイヤー百科事典マイヤーホーフルバイヤートニヤーヤフォートマイヤースマイヤー硬さマイヤー硬度ブックマン‐マイヤー効果

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone