精神生物学(読み)せいしんせいぶつがく(英語表記)psychobiology

翻訳|psychobiology

世界大百科事典 第2版の解説

せいしんせいぶつがく【精神生物学 psychobiology】

A.マイヤーとその学派によって提唱・発展させられた力動精神医学で,S.フロイト学説とともにアメリカ精神医学の基礎を形成した。精神障害を,あるパーソナリティ(人格)が社会的におかれた状況に対して起こす病的な反応としてとらえる。精神障害者の人格は,体質や遺伝的な背景の上に,幼児期の親子関係とその後の心理学的,社会的な因子によって,あるひずみをもって形成されるものと考えられ,特定の状況におかれて特定の反応型をとったものが精神疾患とされる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android