精粋(読み)セイスイ

デジタル大辞泉の解説

まじりけのないこと。また、選び抜かれたすぐれたもの。「日本料理の精粋を賞玩する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (形動) 緻密で美しくまじりけのないこと。選び抜かれたすぐれたもの。また、そのさま。えりぬき。
※絅斎先生敬斎箴講義(17C末‐18C初)「此語が、古今の格言、敬を精(しら)げて語たと云に、是程な精粋はなし」 〔漢書‐刑法志〕
② 清らかな空気。天地の清明の気。
※宝覚真空禅師録(1346)乾・豊州蒋山興聖万寿禅寺語録「鍾乾坤精粋之気、日就月明」 〔楚辞‐九歎・逢紛〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android