コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

わな ワナ

デジタル大辞泉の解説

わ‐な

[連語]はな[連語]

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わな

( 連語 )
〔終助詞「わ」に間投助詞「な」の付いたもの〕
念を押す気持ちを強く言い表す。 「そんな事、心配しなくていい-」 「すぐみんなに知れ渡ってしまうから、いやだ-」 〔近世以降の語。現代語では主としてかなりの年配の男性の用語〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

わな
わな

鳥獣をおびき寄せたり、通路に仕掛けて捕らえる装置。アメリカ先住民(ネイティブ・アメリカン)のわなを調べたメイスンO.T.Masonは3種類に分けている。
 第一は囲みわなというもので、おりや落し穴を利用して、獲物をほとんど無傷のまま入手する方法である。アフリカでは、ゾウ、カバ、アンテロープなどをこのわなに追い込むことが知られ、しばしば獲物が好むものをおとりとして仕掛けの中に置いておく。
 第二は捕縛わなで、多少の傷はやむをえないが、殺すことなく獲物を手に入れるやり方であり、種類も多い。網猟もその一つで、古くは紀元前7世紀のアッシリアで猛獣・大形獣狩りに使われてきた。漁労用の刺網(さしあみ)も同じ原理を水中に応用したものといえよう。くくりわなも単純だがよく知られたものである。縄紐(ひも)を輪状にして、動物の通り道などに仕掛け、これに獲物の足がかかると、自然に締まるようにしてある。これを発達させた形態がはね柱わなである。弾性に富んだ自然の樹木を綱で引っ張って曲げ、綱の先端に輪をつくって踏み板の上に置く。踏み板に触れれば、綱を留めたくさびが外れ、獲物は綱で足を締め付けられたまま宙架かりになる。アイヌのツル猟、エスキモーのモルモット猟などに使われた。
 第三は殺戮(さつりく)わなとよばれ、文字どおり、殺して獲物を入手する。アフリカのピグミーはゾウ狩りの際、大石の落ちてくるわなをよく使う。このタイプはシベリアのギリヤーク、オロチ、ネネツ諸民族の間でも知られ、北アメリカ北西海岸のヌトカの人々は、シカ猟の際、重い丸太の落下で獲物をしとめるわなを用いる。このほか、獣の通り道に張った綱に触れると、矢が発射され、獲物をしとめるという飛び道具と複合した装置も、アイヌの熊狩りで使われていた。また森林狩猟民ほどわなの重要性が高くないアフリカのカラハリ砂漠のサン人も、獣の水飲み場に毒を流し、物陰で獲物が弱るのを待って捕らえる狩猟を行っている。[関 雄二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のわなの言及

【わな猟(罠猟)】より

…古くから諸民族の間に広く用いられてきた猟法で,その方法はきわめて多種多様で変化に富んでいる。弓矢,槍,吹矢,鉄砲などによる積極的な猟法に対して,わなは獲物の通り道に設置し,獲物がこれに気づかずに通過する際に捕らえようとする設備である。落し穴,くくりわな,箱わな,圧殺わな,とらばさみなどに分類することができるが,獲物の大きさや習性,立地条件などに応じて,それぞれ多様な変化形がみられ,これらを組み合わせたものがくふうされる。…

※「わな」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

わなの関連キーワード河鍋暁斎(かわなべぎょうさい)青森県平川市切明滝の森パイル織り・パイル織新潟県村上市今川狐落とし・狐落し埼玉県蕨市南町わな猟(罠猟)わな(罠)猟ループヤーンテリークロス狐釣り・狐釣済み済まし絞く・縊く情を立てる罠に掛かる紋ビロード罠に掛ける口を毟る道具落しぶわぶわ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

わなの関連情報