コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紀作良 きの さくら

1件 の用語解説(紀作良の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

紀作良 きの-さくら

?-799 奈良-平安時代前期の官吏。
宝亀(ほうき)9年(778)従五位下となる。少判事,右少弁,大学頭(だいがくのかみ)などを歴任,従四位下にすすむ。質直な性格で,朝から晩まで公務にはげんだが,小過も容赦なく法をもって糾弾したので,部下ににくまれたという。延暦(えんりゃく)18年1月16日死去。名は「つくら」ともよむ。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

紀作良の関連キーワード真如ホンジュラス和気清麻呂和気広虫諏訪之瀬島イスマーイール派セリウム円行藤原内麻呂和気清麻呂

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone