コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

容赦 ヨウシャ

デジタル大辞泉の解説

よう‐しゃ【容赦】

[名](スル)
ゆるすこと。大目に見ること。
「もう遣り切れないと云った様子を先刻から見せている津田を毫も―しなかった」〈漱石明暗
手加減すること。控え目にすること。「容赦なく追及する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ようしゃ【容赦】

( 名 ) スル
相手のあやまちや失敗などを許すこと。 「 -しがたい失態」 「失礼の段、ご-下さい」
相手の事情を考慮して、手加減すること。 「だれかれの-をしない」
[句項目]

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

容赦の関連キーワードプロクルステス今日という今日引っ捕まえる生き血を搾る生き血を絞る引っ捕えるルキリウス痛め付ける苛斂誅求情け容赦手厳しいウェスト扱き使うびしばしパードンぴしっとぴしゃり黒岩涙香手痛いハデス

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

容赦の関連情報