コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅梅千句 こうばいせんく

世界大百科事典 第2版の解説

こうばいせんく【紅梅千句】

俳諧の連句集。松永貞徳ら著。1655年(明暦1)刊。1653年正月,有馬友仙が主催し,貞徳を正客に迎え,正章(貞室),季吟,安静,可頼,政信と執筆(しゆひつ)長久の8人で巻いた千句。書名は巻頭の貞徳発句〈紅梅やかの銀公のからころも〉による。本書は貞門俳諧の到達した一頂点を示す代表的連句作品で,よく流布して版を重ねたが,談林からは,連歌への接近が指摘され,俳諧性が薄いと非難された。【乾 裕幸】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

紅梅千句の関連キーワード北村季吟熊谷貞屋みんずり雪駄

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android