紋黄蝶(読み)モンキチョウ

デジタル大辞泉の解説

もんき‐ちょう〔‐テフ〕【紋黄×蝶】

シロチョウ科のチョウ。早春から出現する。翅(はね)の開張約5センチ。雄の翅は黄色で、前翅の外縁に黒紋、後ろ翅の中央に黄白色の円紋をもつ。雌は黄色と黄白色とがある。幼虫の食草はウマゴヤシコマツナギなど。年数回発生し、幼虫の状態で越冬。 春》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

もんきちょう【紋黄蝶】

シロチョウ科のチョウ。開張約5センチメートル。はねは黄色で外縁が黒く、前ばねに黒色紋が一個ある。雌には白色の個体もいる。幼虫はマメ科の植物につき、早春から晩秋まで、年に数回発生する。日本各地のほか東アジアに分布。 [季] 春。 → 越年蝶おつねんちよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紋黄蝶 (モンキチョウ)

学名:Colias erate
動物。シロチョウ科のチョウ

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android