コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

納税の猶予(読み)のうぜいのゆうよ

知恵蔵の解説

納税の猶予

国税通則法は、次の理由で国税を一時に納付できない時は納税者の申請により、期間を定め、納税の猶予ができるとしている。(1)災害による相当の損失、(2)災害、病気、事業の廃止、これらに類する事実(詐欺、横領等による財産の喪失・交通事故の損害賠償・売掛金等の回収不能・破産宣告等・不渡り・市場の悪化等による売り上げの減少等)。また、国税徴収法は次の事由の場合、滞納処分による財産の換価(差し押さえた財産を金銭に換えること)を猶予している。(1)換価手続を直ちにとれば、その事業継続または生活維持を困難にする恐れがある。(2)換価を猶予することが、直ちに換価することに比べ国税の徴収上有利の時。

(浦野広明 立正大学教授・税理士 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

納税の猶予の関連情報