紙燭(読み)シソク

デジタル大辞泉「紙燭」の解説

し‐そく【紙×燭/脂×燭】

室内用の照明具の一。の木を長さ45センチ、直径1センチほどの棒状に削り、先端を焦がしてを塗り、火をつけるもの。手元紙屋紙で巻くので「」のを当てる。また、紙やを細くひねって油を染み込ませたものをもいう。ししょく。

し‐しょく【紙×燭/脂×燭】

しそく(紙燭)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の紙燭の言及

【脂燭】より

…紙燭とも書き,〈ししょく〉ともいう。小型の照明具。…

【脂燭】より

…紙燭とも書き,〈ししょく〉ともいう。小型の照明具。…

※「紙燭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android