コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紙燭/脂燭 シショク

デジタル大辞泉の解説

し‐しょく【紙×燭/脂×燭】

しそく(紙燭)

し‐そく【紙×燭/脂×燭】

室内用の照明具の一。松の木を長さ45センチ、直径1センチほどの棒状に削り、先端を焦がして油を塗り、火をつけるもの。手元を紙屋紙で巻くので「紙」の字を当てる。また、紙や布を細くひねって油を染み込ませたものをもいう。ししょく。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の紙燭/脂燭の言及

【脂燭】より

…紙燭とも書き,〈ししょく〉ともいう。小型の照明具。…

【脂燭】より

…紙燭とも書き,〈ししょく〉ともいう。小型の照明具。…

※「紙燭/脂燭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

紙燭/脂燭の関連キーワード嗇・嘱・囑・拭・植・殖・燭・織・職・色・蝕・触・觸・食・飾紙燭(ししょく)紙燭(しそく)紙燭・脂燭灯火差す脂燭

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android