コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脂燭 しそく

2件 の用語解説(脂燭の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脂燭
しそく

平安時代頃から用いられた室内の照明具の一つ。マツの木を長さ 40~50cm,太さ径約 1cmほどに削り,根元を青紙で巻き先に火を点ずるもの。またこよりの先に油を塗って火を点ずるものもあるところから,紙燭とも書く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しそく【脂燭】

紙燭とも書き,〈ししょく〉ともいう。小型の照明具。紙や布を細く巻いて撚(よ)った上に蠟(ろう)を塗ったもの。ときには心(しん)に細い松の割木を入れた。〈職員令(しきいんりよう)〉の主殿寮(とのもりよう)にみえる灯燭の義解(ぎげ)に〈油火を灯となし,蠟火を燭となす〉とみえ,藤原頼長の《婚記》には〈布の脂燭をとりて前行す〉として布製を示している。先端に点火することを〈さす〉といい,室内で数多く用いるときは代りの脂燭を土器に盛って折敷(おしき)に据えるのを例とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の脂燭の言及

【ろうそく(蠟燭)】より

…〈らっそく〉〈らっちょく〉の語は,近年まで岡山県や岩手県の一部に行われていた。 ろうそくは初め,脂肪あるいは蠟類を塗った樹皮や木片をたばねて作った〈たいまつ〉〈脂燭〉の類から発達したと考えられる。しかし今日見られるようなろうそくがいつごろから行われたかは,現在なお十分明らかにされていない。…

※「脂燭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脂燭の関連キーワード猪鍋紙燭・脂燭食前酒食料呈色盤台副食かま翅鞘紙燭

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone