素粒子の標準理論(読み)そりゅうしのひょうじゅんりろん(英語表記)standard theory of elementary particles

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

素粒子の標準理論
そりゅうしのひょうじゅんりろん
standard theory of elementary particles

今日知られている素粒子の運動,反応を包括的に説明するための条件を満たした標準的理論。ただし,重力相互作用は考慮しない。電磁相互作用弱い相互作用を統一的に記述するワインバーグ=サラムの理論と,強い相互作用を記述する量子色力学を組み合わせた場の量子論で,ゲージ群 SU(2)×U(1)×SU(3)に基づくゲージ理論である。6種類のレプトン,6種類のクォークおよびヒッグス粒子を含み,これらがゲージボソンを交換することによって相互作用する。統一的理論を目指し,予言力のより強い大統一理論超弦理論なども今日の素粒子実験のエネルギー領域では標準理論と同一内容をもつことが必要であると考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android