コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫の上 むらさきのうえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫の上
むらさきのうえ

源氏物語』に登場する女性。藤壺の姪で,10歳の頃,北山の庵にいたとき光源氏に発見され,二条院に引取られる。容貌,性格,才芸など一つとして欠点がない理想的な女性に成長し,源氏の妻となる。しかし女三の宮降嫁を迎えて,気苦労のはてに重病を得て死去。『源氏物語』の正編はこの人の追憶のうちに過す光源氏の姿を描くところで終る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

むらさきのうえ【紫の上】

源氏物語の作中人物。式部卿の宮の女むすめ。北山で光源氏に見いだされて二条院に引きとられ、源氏が理想の女性に育てて妻とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紫の上の関連キーワード源氏物語/おもな登場人物元老院[古代ローマ]六条御息所城月美穂斉藤麻衣ムラサキ作中人物本康親王あおい野分き藤裏葉若紫松風天児朝顔御法

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫の上の関連情報