紫の上(読み)むらさきのうえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫の上
むらさきのうえ

源氏物語』に登場する女性。藤壺の姪で,10歳の頃,北山の庵にいたとき光源氏に発見され,二条院に引取られる。容貌,性格,才芸など一つとして欠点がない理想的な女性に成長し,源氏の妻となる。しかし女三の宮降嫁を迎えて,気苦労のはてに重病を得て死去。『源氏物語』の正編はこの人の追憶のうちに過す光源氏の姿を描くところで終る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

むらさきのうえ【紫の上】

源氏物語の作中人物。式部卿の宮の女むすめ。北山で光源氏に見いだされて二条院に引きとられ、源氏が理想の女性に育てて妻とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紫の上の関連情報