コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫海胆 ムラサキウニ

デジタル大辞泉の解説

むらさき‐うに【紫海胆】

ナガウニ科のウニ。沿岸岩礁にすみ、やや扁平な球状で殻径5~7センチ。とげは長く、全体が暗赤紫色から黒紫色。本州中部以南から中国にかけて分布外形が似て、本州北部から北海道にみられるのはキタムラサキウニで、オオバフンウニ科の別種。ともに食用

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらさきうに【紫海胆】

ウニの一種。直径5センチメートル 内外。体はやや扁平な半球形で、長さ4センチメートルほどのとげが密生する。全体が紫黒色。潮間帯の岩礁などに多い。卵巣は食用。北海道南部から台湾にかけて分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

紫海胆 (ムラサキウニ)

学名:Anthocidaris crassispina
動物。ナガウニ科の海産動物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

紫海胆の関連キーワード潮間帯内外卵巣