組子(読み)くみこ

百科事典マイペディアの解説

組子【くみこ】

(1)における構成員で,組頭により統率され,寄子(よりこ)ともいう。組子の子は名子(なご),水子(かこ)などと同様労働力の意。(2)格子等のように縦横に細い木または鉄を組み合わせたものをいう。窓,障子などにも使用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

くみこ【組子】

鉄砲組・徒組かちぐみなどの組頭の下にある者。組衆。組下。組付き。
障子・欄間などの枠の間に縦横に組み込んだ細い部材。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

くみ‐こ【組子】

〘名〙
① 徒(かち)組、弓組、鉄砲組などの組頭の支配下にある者。組下。組足。組衆。組付。
甲陽軍鑑(17C初)品一七「組頭にても組子(クミコ)にてもなき人数持」
② 天井、窓、欄間、建具などの枠のうちに、縦横に組んだ細い部材。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

組子の関連情報