寄子(読み)ヨリコ

デジタル大辞泉の解説

より‐こ【寄子】

鎌倉・室町時代、惣領に対する庶子
戦国大名の軍事組織で、寄親のもとに編制された在地土豪など。
江戸時代、人宿(ひとやど)にいてその主人を寄親とし、奉公口を探す者。
配下。手下。
「―ども引きつれて住み侍る」〈宇津保・楼上下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

よりこ【寄子】

中世、寄親の管轄の下で戦国大名に仕えた武士。 → 寄親
近世、寄親を身元保証人として奉公した者。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

より‐こ【寄子】

〘名〙
① 鎌倉・室町時代、総領に対する意味の庶子をいう。
※中山法華経寺所蔵天台肝要文裏文書‐建長五年(1253)一二月三〇日・長専書状「正月御所御垸飯子上野二郎跡と申候」
② 戦国時代、寄親に率いられる武士。寄親を指南(しなん)、寄子を与力(寄騎)、同心などともいう。戦国大名は、寄子団を支配している組頭、物頭などの寄親を掌握することにより家臣団の統制を図った。
※親元日記‐寛正六年(1465)九月一一日「出雲守寄子江州海津衆饗庭・田屋・新保此三人上洛」
③ 配下の者。手下。子分。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※歌舞伎・日本晴伊賀報讐(実録伊賀越)(1880)四幕「それぢゃあ手前(てめえ)は備前町で、元は生田の手廻り頭、丹右衛門が妹を、女房にした夢の寄子(ヨリコ)か」
④ 江戸時代、人宿(ひとやど)(=口入屋)に身を寄せ、奉公口を探しているもの。人宿の主人(親方)を寄親と頼み、その身元引受により奉公した。
※御触書寛保集成‐四〇・宝永八年(1711)二月「寄子五人以上有之者は、縦親類同国にても、人宿にて候間、合え入可申候」
⑤ (「憑子」とも) 物の怪(け)にとりつかれた人。また、修験者や、梓巫(あずさみこ)が生霊や死霊を招き寄せる時、霊を一時的に宿らせるためにそばにいさせる人。よりまし。ものつき。
⑥ (「憑子」とも) 寄り講で、選ばれて神がかりにさせられる者。より。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の寄子の言及

【同心】より

…もとは同意・協力する人を意味したが,戦国時代には,大名の家臣団編成において寄親たる上級家臣(部将)の組下に編入され,その指揮に従う武士を,寄騎,与力,寄子,同心などと称した。このうち同心は与力の何騎に対して何人と数えられ,主として在地の名主層出身のものであったといわれる。…

【寄親・寄子】より

…親子関係に擬して結ばれた保護者・被保護者の関係。戦国大名の家臣団組織の中で,寄親は指南,奏者などとも呼ばれ,寄子は与力(寄騎),同心とも呼ばれた。邦訳《日葡辞書》では,寄親を〈ある主君の家中とか,その他の所とかにおいて,ある者が頼り,よりすがる相手の人〉,寄子を〈他人を頼り,その庇護のもとにある者。…

※「寄子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

正義マン

倫理上問題がある行為などに対して過剰に反応し、正義感を振りかざして騒ぐ人を指すインターネットスラング。2019年10月の消費税増税と軽減税率制度の実施に伴って「イートイン脱税」が発生した際、これを店員...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android