コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寄子 ヨリコ

デジタル大辞泉の解説

より‐こ【寄子】

鎌倉・室町時代、惣領に対する庶子。
戦国大名の軍事組織で、寄親のもとに編制された在地土豪など。
江戸時代、人宿(ひとやど)にいてその主人を寄親とし、奉公口を探す者。
配下。手下。
「―ども引きつれて住み侍る」〈宇津保・楼上下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

よりこ【寄子】

中世、寄親の管轄の下で戦国大名に仕えた武士。 → 寄親
近世、寄親を身元保証人として奉公した者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の寄子の言及

【同心】より

…もとは同意・協力する人を意味したが,戦国時代には,大名の家臣団編成において寄親たる上級家臣(部将)の組下に編入され,その指揮に従う武士を,寄騎,与力,寄子,同心などと称した。このうち同心は与力の何騎に対して何人と数えられ,主として在地の名主層出身のものであったといわれる。…

【寄親・寄子】より

…親子関係に擬して結ばれた保護者・被保護者の関係。戦国大名の家臣団組織の中で,寄親は指南,奏者などとも呼ばれ,寄子は与力(寄騎),同心とも呼ばれた。邦訳《日葡辞書》では,寄親を〈ある主君の家中とか,その他の所とかにおいて,ある者が頼り,よりすがる相手の人〉,寄子を〈他人を頼り,その庇護のもとにある者。…

※「寄子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

寄子の関連キーワード藤岡屋由蔵寄親・寄子片瀬まひろ寄親・寄子口入れ屋未了の因今川義元譚鑫培軍役衆村入り組子軍役与力浜子妓夫同心

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

寄子の関連情報