コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

組屋 くみや

世界大百科事典 第2版の解説

くみや【組屋】

近世初頭,文禄・慶長期(1592‐1615)に活躍した初期豪商の一人。須屋ともいう。まだ家臣団の土着性,独立性が強く,兵農分離が未熟な羽後諸藩と畿内先進地帯を結ぶ中継都市の敦賀,小浜にあって,北国海運の担い手として活動した。戦国期前の事歴は不明であるが,諸浦の舟持座商人の系譜をもつ豪商と異なり,中世以来朱印船貿易家の系譜をもつ小浜の廻船業者である。後進諸藩の権力強化を援助すべく未発達な商品流通に対応し,当時700~800石積みの舟3~10艘をもっていた豪商の保護育成を図った豊臣氏の支持を受けて,屋は秀吉蔵入地,津軽など諸藩蔵米の運搬・貨幣化に当たった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

組屋の関連キーワード滋賀県彦根市芹橋明治神宮外苑彦根[市]服部半蔵柳亭種彦武家屋敷組み・組城下町茗荷谷霊岸島半蔵門御徒町弘前藩森之宮八丁堀与力同心屋敷まて

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

組屋の関連情報