経ノ塚古墳(読み)きょうのつかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

きょうのつかこふん【経ノ塚古墳】

宮城県名取市下増田字西経塚にあった5世紀後半の円墳仙台空港北端に近く,太平洋岸から2kmの砂丘地帯に点在する小型古墳群中の一基で,もと直径30m前後の墳丘を残していた。1907年ごろの採集という家形埴輪1個,短甲形埴輪2個があって,形象埴輪としては分布の北限にあたり,作風も異色を示すので学界の注目を集めていた。23年,採土工事によって,墳丘のうちに埋まっていた長持形石棺を掘りあて,石棺内から鹿角製装具をつけた鉄刀2口,鹿角把刀子(とうす)およびを見いだした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android