コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経営行動 けいえいこうどうadministrative behavior

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経営行動
けいえいこうどう
administrative behavior

1945年に刊行された H.A.サイモンの処女作。副題に「経営組織における意思決定プロセスの研究」とあるように,これまで顧みられることの少かった組織の内部に焦点をあて,組織の動きをその成員の意思決定の相互の影響関係として定式化し,近代組織理論の基礎を提供した。この点で名著『経営者の役割』 The Functions of the Executive (1938) を著わした C.I.バーナードの発想を継承しているといえよう。組織を個人への誘因と個人からの貢献の均衡現象として捉えようとする基本思想の根底には,均衡論から一般に想像される完全合理性ではなく,人間の認知能力を限界づけられたものとみなす「限定された合理性」の考え方がある。のちにサイモンは心理学,コンピュータ科学など多方面にわたって活躍するが,その多彩な知的活動は,人間の問題解決法への関心という点で一貫しており,本書はそうした彼の思想の原型をなしている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

経営行動の関連キーワードサイモン(Herbert Alexander Simon)ハーバート・アレクサンダー サイモンフレデリック ハーズバーグステークホルダー経営行動科学学会出光興産(株)経営学決算

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

経営行動の関連情報