コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵羽 エバ

3件 の用語解説(絵羽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

え‐ば〔ヱ‐〕【絵羽】

絵羽模様(えばもよう)」の略。
絵羽羽織(えばばおり)」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

えば【絵羽】

「絵羽羽織」「絵羽模様」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絵羽
えば

本来「絵端」と書く。おもに和服の身頃(みごろ)から袖(そで)まで連続するような大柄の模様で、染めるとき、模様が食い違わないよう要所を縫い合わせたり、仮仕立てしたあと、染色、刺しゅうを施し、本仕立てしたものをいう。なお模様の位置と合せ口とを定めるために行う縫い合せを、とくに絵羽縫いとよぶこともある。現代では、豪華で品位と風格のある美しさのために、振袖、留袖、訪問着、絵羽羽織など礼装や盛装用和服に友禅染や絞りの技法を使ったものが用いられている。この絵羽(端)がいつごろ考案されたかについては確実な記録はない。しかし大柄の絵画風な模様染めとともにおこったものであることは当然だろう。とするなら、室町末期から安土(あづち)桃山時代にかけて流行した「辻が花(つじがはな)染め」などに使われたものが、いちばん古いものであると思われる。明石(あかし)家(京都府)の「桐矢襖(やぶすま)辻が花染胴服」や清水寺(せいすいじ)(島根県)の「山道段丁字紋散し辻が花染胴服」などは絵羽とみられる作例である。村元雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

絵羽の関連キーワード裏模様絵羽織絵羽縫い絵羽羽織絵羽模様透かし模様総模様絵羽絞書模様付下げ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

絵羽の関連情報