コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絵羽 エバ

大辞林 第三版の解説

えば【絵羽】

「絵羽羽織」「絵羽模様」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絵羽
えば

本来「絵端」と書く。おもに和服の身頃(みごろ)から袖(そで)まで連続するような大柄の模様で、染めるとき、模様が食い違わないよう要所を縫い合わせたり、仮仕立てしたあと、染色、刺しゅうを施し、本仕立てしたものをいう。なお模様の位置と合せ口とを定めるために行う縫い合せを、とくに絵羽縫いとよぶこともある。現代では、豪華で品位と風格のある美しさのために、振袖、留袖、訪問着、絵羽羽織など礼装や盛装用和服に友禅染や絞りの技法を使ったものが用いられている。この絵羽(端)がいつごろ考案されたかについては確実な記録はない。しかし大柄の絵画風な模様染めとともにおこったものであることは当然だろう。とするなら、室町末期から安土(あづち)桃山時代にかけて流行した「辻が花(つじがはな)染め」などに使われたものが、いちばん古いものであると思われる。明石(あかし)家(京都府)の「桐矢襖(やぶすま)辻が花染胴服」や清水寺(せいすいじ)(島根県)の「山道段丁字紋散し辻が花染胴服」などは絵羽とみられる作例である。村元雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

絵羽の関連キーワード日本の遊び・玩具史(年表)江戸押絵羽子板道行コート斎藤 緑雨絵羽羽織付け下げ絵羽絞り絵羽模様久留米絣絵羽縫い江戸褄羽子板東京都埼玉県羽尺地付下げ訪問着絵羽織友禅染着尺地

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android