継起(読み)けいき

精選版 日本国語大辞典「継起」の解説

けい‐き【継起】

〘名〙 物事が相ついでこること。あとからあとから現われること。〔改訂増補哲学字彙(1884)〕
※春と修羅(1924)〈宮沢賢治〉小岩井農場「小岩井のきれいな野はらや牧場の標本が いかにも確かに継起(ケイキ)するといふことが どんなに新鮮な奇蹟だらう」 〔福恵全書‐荒政部・積貯〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android