コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

続労 ショクロウ

デジタル大辞泉の解説

しょく‐ろう〔‐ラウ〕【続労】

ぞくろう(続労)

ぞく‐ろう〔‐ラウ〕【続労】

奈良時代、官職をもたない者を役所に勤務させ、位を継続させたこと。のち、財物を納めて勤務の代わりとした。しょくろう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょくろう【続労】

〔「ぞくろう」とも〕
奈良時代、六位以下の散位など、官職をもたない者を官司や国府に勤務させて位を継続・昇進させたこと。散位の定員が定められてからは、勤務に代えて銭を納めた。 → 贖労しよくろう

ぞくろう【続労】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

続労の関連キーワード売位・売官奈良時代続労銭散位

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android