維摩経義疏(読み)ゆいまきょうぎしょ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

維摩経義疏
ゆいまきょうぎしょ

聖徳太子著。5巻。推古 20 (612) ~21年成立と伝えられる。鳩摩羅什訳『維摩詰所説経』を注釈した書。「三経義疏」の一つで日本仏教の出発点として意義深い書物であるが,原本の存しないこと,解釈の仕方が他の2疏と異なるところなどから,太子真撰を疑う説もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ゆいまきょうぎしょ【維摩経義疏】

「維摩経」の注釈書。聖徳太子の著と伝える。三巻。三経義疏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android