コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綿貫観音山古墳 わたぬきかんのんやまこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

綿貫観音山古墳
わたぬきかんのんやまこふん

群馬県中南部,高崎市綿貫町にある全長約 100mの大型前方後円墳後円部径 61m,高さ 9.5mで前方部の発達した後期形式に属し,二重の周濠をもつ。1967~68年に群馬県教育委員会が調査した。墳頂部と中段平坦部には人物,ウマ,ニワトリ,楯のほか円筒埴輪列がめぐる。後円部には南西面に開口する長さ約 13mの両袖型横穴式石室があり,角閃石安山岩側壁に,牛伏砂岩と安山岩を天井石としている。石室内からは百済の武寧王陵出土鏡と同じ型でつくられた獣帯鏡 1面をはじめ,高さ 31cmの流麗な形態を示す銅製水瓶,金銅製鈴付き大帯,金銅製蓮華状鈴付き雲珠(うず)など,日本の古墳では前例のない遺品が認められた。その他,武器,武具,馬具類,須恵器多数が出土し,7世紀前葉における北関東毛野(→毛野国)の最有力首長の墳墓と考えられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

国指定史跡ガイドの解説

わたぬきかんのんやまこふん【綿貫観音山古墳】


観音山古墳(かんのんやまこふん)

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android