コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛野国 けぬのくに

2件 の用語解説(毛野国の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毛野国
けぬのくに

上野,下野両国の古称。「けの」とも読む。古代の氏族,上毛野君,下毛野君の根拠地。現在の群馬,栃木両県にあたる。毛野国は最初,上毛野と下毛野の両国に分れ,次いで和銅6 (713) 年,上野 (こうずけ) ,下野 (しもつけ) の2字の国名に改めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛野国
けぬのくに

関東平野北部一帯にあった古代の国名。国造(くにのみやつこ)制下では、下毛野(しもつけぬ)・上毛野(かみつけぬ)国造の存在が知られ、大化改新以後の下野(しもつけ)・上野(こうずけ)国に踏襲されたため、ほぼ現在の群馬・栃木両県の範囲であるが、別に那須(なす)国造の存在も知られるから、那須地方は含まれていなかったと考えられる。この付近には、那須国造碑をはじめ、上野国多胡(たご)郡分置の記事を記す多胡碑を含む上野三碑など、古代史を物語る7、8世紀の貴重な金石文が多い。[金田章裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の毛野国の言及

【毛野】より

…古代の地域名。平安時代初期に作られた《国造本紀》の下毛野国造条には仁徳天皇の代に〈毛野国〉を上・下に分けたと書かれている。この後では上毛野国,下毛野国となるが,栃木県北部は那須国造の支配地であったことから,毛野とは関東平野の北西部に位置する群馬県全域と栃木県南部の一定の政治的まとまりをもつ地域を称したものとみられる。…

※「毛野国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

毛野国の関連キーワード里長上毛野毛野・上野・下野古称三碑下毛野二人穴門克山病米酢(よねず)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

毛野国の関連情報