コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

毛野国 けぬのくに

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

毛野国
けぬのくに

上野,下野両国の古称。「けの」とも読む。古代の氏族,上毛野君,下毛野君の根拠地。現在の群馬,栃木両県にあたる。毛野国は最初,上毛野と下毛野の両国に分れ,次いで和銅6 (713) 年,上野 (こうずけ) ,下野 (しもつけ) の2字の国名に改めた。 (→上野国 , 下野国 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

毛野国
けぬのくに

関東平野北部一帯にあった古代の国名。国造(くにのみやつこ)制下では、下毛野(しもつけぬ)・上毛野(かみつけぬ)国造の存在が知られ、大化改新以後の下野(しもつけ)・上野(こうずけ)国に踏襲されたため、ほぼ現在の群馬・栃木両県の範囲であるが、別に那須(なす)国造の存在も知られるから、那須地方は含まれていなかったと考えられる。この付近には、那須国造碑をはじめ、上野国多胡(たご)郡分置の記事を記す多胡碑を含む上野三碑など、古代史を物語る7、8世紀の貴重な金石文が多い。[金田章裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の毛野国の言及

【毛野】より

…古代の地域名。平安時代初期に作られた《国造本紀》の下毛野国造条には仁徳天皇の代に〈毛野国〉を上・下に分けたと書かれている。この後では上毛野国,下毛野国となるが,栃木県北部は那須国造の支配地であったことから,毛野とは関東平野の北西部に位置する群馬県全域と栃木県南部の一定の政治的まとまりをもつ地域を称したものとみられる。…

※「毛野国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

毛野国の関連キーワード綿貫観音山古墳足利[市]群馬[県]栃木(県)上毛三山上毛野氏両毛地方狗奴国

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

毛野国の関連情報