コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

観音山古墳 かんのんやまこふん

世界大百科事典 第2版の解説

かんのんやまこふん【観音山古墳】

群馬県高崎市綿貫町に所在する前方後円墳。高崎市東郊,井野川西岸の平野部に,ほぼ北面して築かれる。全長100m,後円部径56m,前方部幅56mをはかる。二段築成で,周濠をそなえる。葺石を欠き,埴輪を有する。1968年に群馬県教育委員会によって,埴輪列の一部および後円部の横穴式石室が発掘された。埴輪の樹立は墳頂および中段平坦部に限られ,後円部墳頂で家,鶏など,前方部墳頂で家,中段平坦部で人物,馬,盾,円筒の各種が検出された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

国指定史跡ガイドの解説

かんのんやまこふん【観音山古墳】


群馬県高崎市綿貫町にある前方後円墳。市の中心部から東方6km、井野川西岸の平野に北面して築造されている。墳丘は2段築成で、全長約100m、約64mの前方部の幅と後円部の径、約9mの前方部の高さと後円部の高さはほぼ等しく、2重の周濠がめぐる整った形をしている。墳丘上の各所には埴輪(はにわ)を配置しているが、葺石(ふきいし)は確認されず、主体部は後円部中段に横穴式石室が西南に向かって開口するように設けられ、石室内はほぼ埋葬当時の状態を保っている。1973年(昭和48)に国の史跡に指定された。出土遺物はきわめて豊富で、副葬品である2枚の銅鏡・装身具・武器・武具・馬具・銅製水瓶・土師器(はじき)・須恵器(すえき)などがある。なかでも銅製水瓶、金銅製花弁付き鈴など、従来類をみないものを含んでおり、その築造年代は7世紀代に下るものと考えられている。銅製水瓶などの出土品は、1982年(昭和57)に重要文化財になった。現在、墳丘や石室などが復元され、史跡公園として公開されている。JR上越新幹線ほか高崎駅から市内循環バス「岩鼻町」下車、徒歩約20分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

観音山古墳
かんのんやまこふん

群馬県高崎市綿貫(わたぬき)町にある7世紀初頭の前方後円墳。榛名山(はるなさん)南面の平野地帯を南流する井野川の下流右岸に、前方部を北面して占地している。1968年(昭和43)発掘調査が行われた。墳丘は二段構築、全長97メートル、後円部径61メートル、前方部幅64メートルで、高さは後円部が9.4メートル、前方部は9.1メートル。周囲に二重に濠(ごう)を巡らしている。墳丘表面には葺石(ふきいし)はなく、墳頂部と中段平坦(へいたん)面に埴輪(はにわ)類が立て並べられていた。そのなかでも後円部側部の人物群は優れた品も多く、埴輪祭祀(さいし)を復原しうる貴重な資料である。後円部にブロック形に加工した角閃石(かくせんせき)安山岩を側壁に積んだ横穴式石室があり、全長12.6メートル、玄室長8.17メートル。玄室の規模は毛野(けぬ)地域最大である。副葬品には鏡、大帯、玉類、武器・武具類、馬具類、銅製水瓶(すいびょう)、須恵器(すえき)類、土師器(はじき)類があり、とくに金工芸技術に優れたものが多く、朝鮮半島地域との交渉の深さをうかがわせる。古墳は史跡公園として整備され、副葬品は近くの群馬県立歴史博物館に保管、展示されている。1973年国の史跡に、出土品は82年重要文化財に指定された。[梅澤重昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

観音山古墳の関連キーワード栃木県足利市藤本町綿貫観音山古墳羽ノ浦[町]高崎(市)高崎[市]土師器

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

観音山古墳の関連情報