コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑地植物 りょくちしょくぶつ

世界大百科事典 第2版の解説

りょくちしょくぶつ【緑地植物】

造園植物にさらに自然公園のような自然植生のなかで景観構成に重要な役割をもつ植物,または自然保護の対象となる保護管理上重要な植物,さらに国土開発に伴って生じた裸地を緑化復元する緑化工の材料として用いられる植物などが加わったものの総称である。したがってその内容は庭園植物,公園植物,都市植物,緑化工用植物,景観構成植物に分けられる。緑地植物の場合,造園植物のように植栽の場がある限定された場という枠から脱け出して,開かれた空間が対象となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

緑地植物の関連情報