緑豆(読み)リョクトウ

デジタル大辞泉の解説

りょく‐とう【緑豆】

マメ科の一年草。葉は3枚の小葉からなる複葉。緑黄色の蝶形の花をつけ、長さ5~10センチのさやができ、中に緑色か灰黒色の豆が10ほどある。豆をあんもやしなどを作るのに用い、はるさめ原料にする。インド原産。粒の大きさがそろっているので(はかり)の分銅に用いたという。やえなり。ぶんどう。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

緑豆 (ミドリマメ)

植物。マメ科の越年草,園芸植物エンドウ別称

緑豆 (リョクズ)

植物。の短い頭豆。フタナリマメの別称

緑豆 (リョクズ)

植物。八重生の別称

緑豆 (リョクトウ・ブンドウ;ミドリマメ;リョクズ;リョクドウ;ロクズ;ロクトウ)

学名:Vigna radiata
植物。マメ科の一年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android