コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練れる ネレル

デジタル大辞泉の解説

ね・れる【練れる】

[動ラ下一][文]ね・る[ラ下二]
練られてちょうどよいぐあいになる。「小麦粉がよく―・れる」
内容の検討や、字句の修正などが十分になされている。「―・れた文章」
経験や修養を積んで人格が円満になる。人柄が円熟する。「長年の苦労で人間が―・れている」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ねれる【練れる】

( 動下一 ) [文] ラ下二 ね・る
よく練った状態になる。練られてちょうどよい状態になる。 「餡あんが-・れる」 「セメントが-・れる」
修行・経験を重ねて人柄が円満になる。 「人柄のよく-・れた人」 「余程気の-・れた者でなければ、如彼ああは行かぬ/平凡 四迷
修業・経験を積んで上手になる。 「技術が-・れる」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

練れるの関連キーワード弾ける字句手練技術四迷

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

練れるの関連情報