コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練(り)切り/煉り切り ネリキリ

百科事典マイペディアの解説

練切り【ねりきり】

和菓子の一種。白あんに求肥(ぎゅうひ)あるいは蒸して裏ごししたヤマノイモ,砂糖を加え,着色して練り上げ,加工した菓子。黒あんや白あん,栗などを包んだりして,季節にふさわしい形に仕上げる。
→関連項目和菓子

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ねりきり【練切り】

練切りあん,練切物の略で,和菓子の一種の呼称。白あんにぎゅうひあるいは,蒸したヤマノイモを裏ごししたものを加え,砂糖を入れ,着色するなどして練り上げたのが練切りあんで,それを主材料としてつくったものが練切物である。いわゆる上生菓子を代表するもので,意匠をこらし,風雅な菓銘をつけて茶席にも多く用いられる。練切りに似たものに,こなし,きんとんがある。こなしは白あんに小麦粉などを混ぜて蒸し,砂糖をもみまぜたもので可塑性があり,いろいろに着色して使用する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

練(り)切り/煉り切りの関連キーワード練切りあん金団