コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

練(り)切り/煉り切り ネリキリ

3件 の用語解説(練(り)切り/煉り切りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ねり‐きり【練(り)切り/×煉り切り】

《「練り切り餡(あん)」の略》和菓子の一。白餡に砂糖を加えて練り、ヤマノイモあるいは求肥(ぎゅうひ)みじん粉などをまぜてもんだものを、花などの形に作った生菓子

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

練切り【ねりきり】

和菓子の一種。白あんに求肥(ぎゅうひ)あるいは蒸して裏ごししたヤマノイモ,砂糖を加え,着色して練り上げ,加工した菓子。黒あんや白あん,栗などを包んだりして,季節にふさわしい形に仕上げる
→関連項目和菓子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ねりきり【練切り】

練切りあん,練切物の略で,和菓子の一種の呼称。白あんにぎゅうひあるいは,蒸したヤマノイモを裏ごししたものを加え,砂糖を入れ,着色するなどして練り上げたのが練切りあんで,それを主材料としてつくったものが練切物である。いわゆる上生菓子を代表するもので,意匠をこらし,風雅な菓銘をつけて茶席にも多く用いられる。練切りに似たものに,こなし,きんとんがある。こなしは白あんに小麦粉などを混ぜて蒸し,砂糖をもみまぜたもので可塑性があり,いろいろに着色して使用する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

練(り)切り/煉り切りの関連キーワード石衣桃山和菓子葛桜葛饅頭芋けんぴ久寿餅練り切り引千切り六方焼き

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone